地方の不動産事情は首都圏とはかなり異なります。

深刻な家余り

地方では人口流出や過疎化が大きな課題となっており、不動産の借り手や買い手となるはずの現役世代の数が特に低下しています。

そのため、不動産のニーズは数十年前と比較すれば激減しています。ゴーストマンションのような、借り手や買い手がつかなくなった不動産もすでに出現しており、「家余り」が問題となっています。

町おこしによる活性化

そのような事情もあり、全国の市町村では町おこしによる活性化が盛んにおこなわれています。町おこしの中でも特に「Uターン」や「Iターン」が典型で、移住者に行政から多額の補助金が出る、といったこともあるほどです。