この記事では、東京、神奈川、千葉などといった、首都圏の不動産事情について簡潔にまとめています。

首都圏をとりまく不動産事情について

地方からの人口流入や外国人移住者の増加もあって、少子高齢化の現代においても、首都圏の人口は微量ながら増加し続けています。そのため不動産のニーズは高く、今でも盛んに都市開発が行われています。

たとえば、神奈川の海老名はその典型です。2018年に始まった海老名の都市開発は、かつての調布や武蔵小杉のそれを彷彿とさせる勢いで進んでおり、マンションや大型ショッピングモールなどが急ピッチで建設されています。また、小田急線や相鉄線が通る海老名は都心へのアクセスも良く、首都圏の人口増加という現代のトレンドと見事にマッチしています。